« 2004年7月 | トップページ | 2004年12月 »

PCパワーアップ計画その1

9月から勤務地が変更になって通勤時間が約2時間→約2時間半と増加し、さらに新職場ではより仕事が忙しくなったせいでゲームをやる時間が減少…

限られた時間の中でPCゲームをやっていると、どうせゲームをやるのならもう少し高性能な環境で…と思うようになり、現在活用できるPC資源の範囲中で多少のパワーアップを考えていました。

最近はFPSジャンルの高性能を要求されるゲームをやっていたので、まずはビデオカードを買い換えて快適にプレーしようと計画。

現在のPCのマザーボードで使用できるビデオカードは、バスタイプがAGPのもの。その中でお手頃価格で性能もそれなりのものということでAOpenAeolus FX5900XT-DV128Jを購入。値段は21,400円でした。

箱を開けてビデオカードを見てみると、今まで使っていたカードより一回りは大きいファンが目に付きます。

04110601.jpg

ファンの音が五月蠅くないといいな、と思いつつカードを眺めていると、右端に電源コネクタが付いていることに気づく。性能が高いカードには補助電源が必要ということは知っていましたが、このカードもそれなりに高性能ということか。

ビデオカードの交換を行う前に、手持ちのベンチマークソフトでスコアを計っておきます。果たしてどれほどの性能向上がされるのやら…

PCの蓋を開けてビデオカードを交換。自作PCの箱は蓋が簡単に開けられて楽。

04110602.jpg

箱の真ん中あたりにあるビデオカードをさくっと交換。カードに電源ケーブルを付けるのを忘れずに。

04110603.jpg

問題なくPCが立ち上がったのでNVIDIAのホームページで最新版のドライバ(61.77)をダウンロードしてインストール。そして再びベンチマークソフトを起動し、カード変更前の数値を比較してみると…

FINAL FANTASY XI Benchmark 2
High 3110 → 3691

3DMark2001 SE
11100 → 12363

3DMark03
1484 → 5129

…なんとも微妙な上がり方。3DMark系のソフトは設定方法が分からないのでデフォルト設定。3DMark03ではカード交換前には出てこなかったテスト内容が現れたので、今回のスコア上昇はそれが原因かも?

一番気にしていたFFベンチマークの結果が期待はずれだったので、もうすこし情報を集めてみると、どうやらドライバは最新版をインストールすれば最適というわけではなく、ビデオカードのチップに合わせたものが望ましいらしい。

買ったカードのチップはGeforce FX5900XTなので、同じ5*台のバージョン56.72をインストールして測定し直すと…

FINAL FANTASY XI Benchmark 2
High 3691 → 4149

3DMark2001 SE
12363 → 12445

3DMark03
5129 → 4925

見事にスコア上昇! 3DMark03は何故か数値が下がっていますが…
とりあえず、これでどれほどゲーム中での快適さが変化するのか。果たして2万円の出費に見合うものになっているのだろうか(笑)

試しに最新のベンチマークソフト3DMark05で測定してみたところ…

957

という絶望的っぽい数値が出ました(汗) こんな重いテストが楽に動くPCあるんですか、という状態でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年12月 »