« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

WoW Instance「Shadowfang Keep」に挑戦

いつもクエストやInstanceでお世話になっている、Paladinさんのクエストをこなすため「Shadowfang Keep」というInstanceに挑戦することになりました。

Shadowfang KeepはSilverpine Forestというエリアにあります。Wetlandから北へ進んでArathi Highlandsへ行き、そこから西のHillsbrad Foothills、Silverpine Forestという道順です。道は長いので各自ペットを呼び出して一緒に走ります。

05092505

道中立ち寄った街のflight pathをゲットし、風景が薄暗く怪しくなってきたところでShadowfang Keepに到着です。Silverpine ForestはHorde陣営のエリアのようなので、この怪しい雰囲気も納得といったところです。

05092506

建物の中には狼っぽいのやら狼男みたいのが大勢います。隠れていていきなり襲ってきたりする厄介な敵もいたりします。途中の牢屋に捕まっている人を助けて封印されている扉を開けてもらうなどの仕掛けもあり、なかなかスリリングですが、この殺伐とした状況の中でも馬小屋に馬が普通に佇んでいたりします。

05092507

たくさんいる狼男達ですが、それほど凶悪な攻撃をしてくるわけではないので、数が少なければ十分対処ができるようです。しかし中にはバリアのようなものを張ってくるのもいたので油断は禁物です。あとたまに幽霊のような敵が現れてすぐ消えてしまったりと、よくわからない状況です。

05092508

ところで今回初めてNight ElfのWarriorな人とパーティを組んだのですが、この方の両手剣の構えが非常に格好良いので、スクリーンショットを撮らせてもらいました。話によると、基本としては片手剣と盾を持つのがWarriorのスタイルなので、あまり両手剣を使うことはないらしいです。

05092509

Shadowfang Keep関連のクエストを受けていないので詳細は不明ですが、敵の中に~男爵とかそれなりの階級を持った人がいるので、なにか事情があってこんな場所にいたりするのでしょうね。そう考えると我々はなんか城に忍び込んだ盗賊にでもなったような気分になってきました(笑)

05092510

ある程度場内を進んできたところで、なにやら広い場所でやたらデカイ狼みたいのがこっちを見ています。もしかしたらこれがボスかな? 意を決して突撃しますが、見た目ほど強くなかったので誰も死なずに倒せました。

05092511

しかし実際にはコイツは中ボスらしく、まだまだ先のエリアがあるようです。とりあえず道中でPaladinさんのクエストは達成できたので、また機会があれば挑戦することにして、今回はキリの良いところで解散となりました。エリアとしてはHorde陣営ということもあり、クエストがあまり受けられそうにないのでもう来ないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WoW Warlockの召喚ペット3体目ゲット

レベルが20になったので、warlockにとっての超重要クエストである新しいペット習得の時期です。今回も開始クエストはStormwindにいる一番偉そうなwarlockの人から受けます。

クエストの内容としては、新しいペット召喚用のアイテムを探すため、Kalimdor大陸のThe Barrensというエリアにいる人を訪ねないといけないらしい。The Barrensというエリアは見たことも行ったこともないので、いつもお世話になりっぱなしの先輩warlockの方に頼んで連れて行ってもらうことにしました。

先輩に先導してもらい、無事に目的の人を訪ねることができました。すると召喚用アイテムの「Heartswood」はAshenvaleの北西、Ordil'Aran跡にあるとのこと。先輩に首都Stormwindへの帰り道を教えてもらったので、アイテムゲットはソロで挑戦してみることにします。

ここで目的地Ashenvaleへのルートを再確認。

1.首都StormwindからGryphonに乗ってStranglethorn Valeの街Booty Bayへ。
2.Booty Bayから船に乗ってThe Barrensの街Ratchetへ。
3.Ratchetから徒歩で北西のAshenvaleへ。

当然ながら徒歩での移動が危険そうですが、道なりに進めばなんとかなるでしょう、ということで最近購入したペットのウサギと共に冒険の出発です。

The Barrensはなだらかな平地で、遠くまで見渡せるので敵も比較的簡単に見つけ出すことができます。動物もキリンがいたりシマウマがいたりして気分はすっかりサファリパークのよう。道中大きな街を発見しましたが、どうやらHorde陣営の街らしく、門番の名前が赤色表示で即襲われそうな雰囲気だったので、遠くから眺めるだけで我慢。

05092501

The Barrensを道なりに北上して無事にAshenvaleに到着。景色がNight Elfの故郷のような感じで相変わらず綺麗です。ここから北西を目指します。

05092502

Ashenvaleエリアのちょうど真ん中あたりにAstranaarという街を発見。ここにはHippogryphの交通ルートがあったので忘れずにflight pathをゲットしておきます。

05092503

Astranaarから少し北西に目的地がありました。しかし目標のHeartswoodの周りにはwarlockタイプの敵がわんさか。自分の同タイプの敵と戦うのは初めてでしたが、本体とペットの同時攻撃は魔法の詠唱をバシバシ中断させられるのでかなり厄介です。

なかなか目標に近づけなくて苦労していると、近くにいたDruidさんが声をかけてくれたので、パーティを組んで敵を一掃することができました。Druidの人とパーティを組んだのも初めてでしたが(初めてづくし)、ネコに変身して姿を消し、敵に先制攻撃を仕掛けたり、変身していない時は攻撃魔法だけでなく回復魔法も使えたりと、とても頼りになる方でした。

なんとか無事にアイテムをゲットできたのでStormwindに帰ります。warlockのお偉いさんに話かけると、おなじみの召喚クエスト発生です。場所は前回同様の地下。アイテムを使うと次のペットとなるSuccubusの登場です。

05092504

Succubusなのでお供のVoidwalkerが魅了でもされたらどうしよう、と思いましたが特に普通に攻撃しかしてこないので楽勝で倒すことができました。これでペットは合計3体に。Succubusはレベルが上がると人間タイプの敵を魅了して無力化できるので、後半役に立ってくれそう。活躍の日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WoW Instance「The Deadmines」に挑戦

首都Stormwindの西にあるWestfallでコツコツとQuestを行っていたところ、同じ日本人プレイヤーの方に声をかけて頂き、Instanceに初挑戦することになりました。

Instanceとは各地にあるダンジョンのことで、一旦入るとGroup毎にダンジョンが生成されるという特別なエリアです。FF11でいうところのBCのようなものでしょうか。Instance内ではGroup以外のプレイヤーが存在しなくなるので、自由に冒険することができるというものです。

今回挑戦するInstanceはWestfallのMoonbrookという所にある「The Deadmines」です。主旨としては、Westfallで暴れている海賊集団のボス「Edwin VanCleef」を倒すというものです。後で知ったことですが、Instanceというものは特にQuestを受けていなくても問題なくGroupを組んで挑戦できるそうなので、気楽に仲間を集めて遊ぶことができてとても良いシステムだと思います。

05090601

問題のダンジョンは小屋の地下から行くことができます。どの小屋かはQuestで改心した海賊の人の案内で知ることができます。妙に薄暗く、気味の悪いところです。否応にも緊張が高まります。

05090602

途中道に迷ったりしましたが、何とか無事にInstanceの入り口に到着。Instanceの入り口には何やらモヤモヤした空気が漂っているのですぐにわかります。このモヤモヤに触れるとエリア切り替えとなりInstanceに突入です。

Instanceの中は敵でいっぱいです。しかも只の敵ではなく、雑魚のくせに全てEliteなのでGroupでないとクリアは不可能と思われます。あるいは相当レベルを上げていれば攻略できるかもしれません。

05090603

雑魚を各個撃破して奥へ進んでいくと、扉があり中ボスらしき敵が門番をしています。近くに雑魚が二人いるので同時に3体相手にしないといけないのは苦労しましたが、中ボス自体があまり強くなかったので楽に突破できました。

扉を開けてみると、今まで人間タイプだった敵に加え、ゴブリンも現れるようになりました。見た目は小さいですが、強さは人間以上のようで一度に3体以上と戦おうとすると苦戦してしまいます。
通常では戦闘中に逃走した場合、敵が居た地点からある程度距離が離れると、追跡を諦めて自分の持ち場に戻っていくのですが、どうやらInstance内では敵はずっと諦めずに追いかけてくるようです。あえなく全滅してしまいました。

05090604

Group内で唯一蘇生魔法が使えるPriestさんも倒されてしまったので、全員で墓場から魂状態で再度Instanceに突撃です。Instance内で倒されると蘇生するポイントは入り口となるようで、Instanceに突入した瞬間に自動的に蘇生されます。

05090605

何度か全滅を繰り返しながらも、次の中ボスとの戦闘です。何やらノコギリを回転させて攻撃してくる危険なロボットですが、倒したあとに現れるゴブリンのパイロットもなかなかの強さです。StormwindでQuestを受けていると、このロボットを倒した時にQuestアイテムをゲットできます。

さらに扉を開けて奥へ奥へと進撃していきましたが、何度目かの全滅時にInstance入り口に入った瞬間、衝撃の出来事が起きました。なんと今まで倒した雑魚敵が復活していたのです。時間で復活するのか、Group全滅を何度かすると起きるのかは不明ですが、ダンジョン突入から時間もかなり経過していたので今回はここで解散することにしました。

一週間後「The Deadmines」挑戦2回目です。今回は前回培った知識と経験のおかげか、全滅することもなくダンジョン最深部まで到達することができました。

05090606

扉の前、何故か大砲が備え付けられています。扉は普通に開けようとしても開かないので、どうやって突破するのかと思ったら、事前に入手しておいた火薬で大砲をぶっ放して扉を破壊するという過激なものでした(笑)

扉を破壊した瞬間、何者かの声が響きます。まあ確かに大砲なんて使ったら周りの敵にはバレバレでしょうね…しかし敵は相変わらず辺りをウロウロするだけです。本当に気づいていないのか…

05090607

扉の奥に踏み込んでみると、眼前に現れたのは派手に武装した海賊船でした。船の上も敵だらけです。こうなったらひたすら突き進むしかない!

05090608

船へ上がり込むための橋の前にやけに巨大な敵がいます。名前をみてみると、どうやらコイツが扉を破壊したときに喋り出した奴のようです。さっそく喧嘩を売ってみると、周囲から姿を隠していた敵が現れて同時に3体とのバトルに突入です。

デカイ図体のくせに、そんなに強くないな? と思っていたらいきなり台詞を言い始め、範囲攻撃をしてきてGroupメンバー全員スタンしてしまいました。自分は敵から一番離れていましたが、同じように範囲攻撃を食らってしまったので、攻撃が届く範囲には確実にスタンを食らってしまうのかもしれません。これはヤバイ! と焦りましたが、範囲攻撃を連発してくるわけではなかったので、なんとか2~3回スタンするだけで撃破できました。

船に上がり込み、向かってくる敵を蹴散らしてついにVanCleefとの対決です。お約束として周りには取り巻きがいて乱戦となりますが、スタン攻撃など特別なことをやってこないので、先ほどの中ボスより楽に倒せました! QuestアイテムであるVanCleefの首をゲットし、見事Questクリアです! QuestアイテムはQuestを受けている人なら必ず取れるので安心です。

初Instance、Groupの中で一番レベルが低いということもありましたが、どの敵にペットをぶつけるかなどの状況判断が全然できずに対応が後手後手になってしまってかなり足手まといになっていると思いました。この経験を次に生かすべく努力していかねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »