« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

WoW Instance「Blackrock Spire(BRS)」に突撃

仕事が多少落ち着いたので、この隙を突いてWoWにログイン。レベル60を目指すべく、今回は敵の強さが手ごろなSearing Gorgeでクエスト攻略です。

道中何故か寝ているNPCを見つけたので話しかけたら、護衛クエストでした。とりあえず周りの敵を片付けておいて恐る恐るNPCの後をついていきます。

06042301_1

護衛クエストというとおなじみの敵がわんさか沸いてくるポイントですが、ここでもDwarfが4~5人ほどが突如出現して襲い掛かってきました。周辺には他の敵は居なかったので、ひとまずHowl of Terrorで敵全員を吹き飛ばしておいて確固撃破作戦です。

とはいえ同レベル付近の敵4匹あまりと戦うには分が悪く、これは厳しいと思っていたところ、通りすがりのPriestさんが敵を2体ほど倒していてくれていました。まさに天の助け! おかげでクエストをクリアすることができました。続きはIronforgeに行かないといけないようです。

と、ここでギルドメンバーの方々からInstanceにお誘い頂いたので参加させてもらいました。場所はBRSというところらしく、相変わらず場所が不明だったのでSummonしてもらいました。本来ならWlkの自分がSummonする立場なので、毎度申し訳ない思いです。しかもBRSは今まさにクエストをやっているSearing GorgeにあるInstanceだったという…

このInstanceの敵はOrcと人型Dragonがメインのようです。そういえばWC3でもBlackrockなんとかにはOrcが敵として居たので同じ連中なのかもしれません。人型Dragonは図体がでかくて迫力満点の上、倒すと皮が剥げるのでおいしい敵です。

06042302

前衛タイプの敵は、相手との距離が離れていても一気に接近して跳ね飛ばすという離れ業を頻繁にやってきます。なのでうっかり食らうと下に落下したり、他の敵の居るところに弾き飛ばされて大量Addとなってしまいます。

なので、危なそうな地点で敵と戦うときはみんな壁を背にしたり、弾かれても平気な位置で敵と対峙するのが鉄則とのことです。下の写真では右に弾かれると落下してしまう所で戦っています。

06042312

途中で闘技場のようなところに誘い込まれました。するとOrcとHumanっぽいのが壇上で高みの見物をしています。

06042303

一定時間おきに敵がどんどん送り込まれてきますが、素早く倒せば次の敵が来るまでに休息ができるようです。敵そのものは道中のものと変わらないOrcと人型Dragonと小さいDragonなどです。

06042304

でっかいDragon登場。さらにその後高みの見物をしていたOrcも戦線参加。Humanも攻撃してきたかどうかは、ちょっと遠くにいたのでわかりませんでした。

06042305

無事に敵を全滅させ、アイテムをゲットしたところで残されるDragonの死体。皮が剥げるかなと思ったのですがスキル不足の赤表示。スキルは300のMAXのはずなのに! と右クリックしてみると必要スキルは310と表示が。メンバーの方の話によると、Enchant関係の装備品でスキルを高めるものがあるらしいです。これは後のために調べておかねば。

06042306_2
06042307_2

途中、レベルが低いと敵が大量AddしてしまうのでInstance内でSummonしてもらいながら先に進みます。

そしていよいよ中ボスという「The Beast」とご対面です。メンバーの方々が「beast」という言葉をよく口にしていたので、なんか獣っぽいのがボスなのかな、と考えていたのですが名前がそのままBeastだとは思いませんでした(笑)

06042308

しかし笑えたのは戦闘に入る前まで。こいつは今まで出会った中でも最強といえる強さです。突進されると遥か頭上まで吹き飛ばされて落下ダメージは食らうわ、遠距離では炎を吐いてくるわ、接近戦では範囲Fearを放ってきてみんなであらぬ方向にダッシュを開始してしまいます。

06042309

吹き飛ばされた時に死んでしまうと死体がそのまま頭上に残るので、全滅時には地面も天井も死体だらけというなんともいえない光景が広がります。

06042310

範囲Fearのせいでパーティの陣形が崩れてhealがうまく行えない状態になってしまい、Tank役の人が倒されてしまうと一気に全滅まで追い込まれてしまいます。大体いつも敵のHealthが50%前後で壊滅状態です。

過去にこいつを倒したことのあるメンバーの方は「何故か強い」とのことなので、何か条件とかあって敵が強化されているのか…全く戦力になっていない自分が加わっているのが最大の問題だったら肩身が狭い(汗)

範囲Fearを受けてTank役の方が飛んでいってしまったら、別の方がTank役を交代するという作戦を行ったところ、10数%まで敵のHealthを削り取ることができたので、肝となるのは範囲Fearにどう対処するかという部分のようです。

06042311

Instanceに突撃してから時間が結構経過していたので、今回はこれにてお開きとなりました。WlkとしてはSpellがレジストされまくるとほとんど活躍できないので、当面の目標はレベル60になること! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叔父宅インターネット開通

先週末は叔父の家へPCとインターネット接続の設定をやりに行きました。本来ならYahoo! BBのモデム到着と回線工事が終わったらすぐ設定作業をやろうと思っていましたが、ちょうどタイミング悪く多忙になってしまいようやくの作業開始です。

といっても作業自体はそれほど苦労することはなく、メインのインターネット接続は届いたYahoo! BBのモデムにPCとモジュラージャックへそれぞれケーブルを繋ぐだけであっさりとインターネット開通となりました。

当初はPC側で何かモデムに対して設定などやる必要があるのかと思っていたのですが、そのような作業は一切不要とは驚きです。むしろウィルス対策ソフトのインストールやプリンタのセットアップの方が手間と時間が掛かりました。

PCとインターネットも、電源を入れれば即使える家電製品のようになりつつあるんだなぁ、と感心した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WoW パッチ1.10のaddon対策(Titan)

いつのまにやらパッチ1.10になっていたようで、毎度のaddonエラー対策です。

今回もエラーを出しているaddonをひとつずつ探し出して対策していけば良いと思っていましたが「Titan」というaddonの仕様が何時からか変わっており、所持金表示にはこのaddon、持ち物総数表示の場合は別のaddonという感じで追加でaddonを入れないといけなくなったようです。

このTitan用addonはめちゃくちゃ量が多くて何が何だか分からなくなりそうなので、最低限使用しているaddonを画像つきでメモしておくことにします。パッチ1.10とは特に関係なさそうな話ですが。

06041001
「TitanPerformance」

サーバとの通信状態やaddonで使用しているメモリ容量を表示する。常に表示しておく意味はあまりないかもしれませんが、PCのリソース状況を表示しておくような感じで何気なく組み込んであります。

06041002
「TitanZoneLevel」

現在居る地名を表示する。今までの「Titan」ではデフォルトで「Location」という項目でこの機能があったのですが、どういうわけか消滅していたので適当に探してみました。名前がZoneLevelというので、なにかのレベル表示もしてくれそうな予感ですがよくわかりません。

06041003
「TitanBag」

バッグに入っているアイテム数と、バッグの全体容量を表示する。アイテム欄の空きを確認するためにわざわざバッグの中身を開く必要がなくなるのでこれは必須!

06041004
「TitanMoney」

現在の所持金を表示する。これもバッグ容量表示同様に、所持金確認に手間が掛からなくなるので必須。

06041005
「TitanAmmo」

現在装備している飛び道具の弾数を表示する。Hunter以外にも飛び道具を持っているWarriorは便利かも。

06041006
「TitanLootType」

Groupを組んでいる時のアイテムのルートルールを表示する。大抵グループを組んでいるときは「Group Loot」なので、いちいち表示することもないのですがなんとなく。

06041007
「TitanRegen」

自然回復するHealthとManaの値を表示する。これも気分で入れている感じです。戦闘中でもみるみる回復する様を見ていると、素の状態では一切HPやMPが回復しないFF11が異常に感じられます。

06041008
「TitanInn」

現在HomePointとして設定しているInnがある街名を表示する。いつもはIronforgeあたりに設定していますが、たまに集中して経験値を稼ぎたいときはよく変更するので、常に表示していると間違いがなくていいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »