« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »

Oblivion 最近導入してみたModその2

PCもパワーアップしたので再びプレイし始めたOblivionです。暫く情報収集をしていない間に新たなModが続々登場しているようで、まだまだ飽きさせないゲームです。最近入れてみたModは下記の3つ。

ひとつめは旅のお供、コンパニオンです。これはOblivion Wiki JP内のGGC再生計画というページで有志の方々により製作が進められているものです。ただプレイヤーについてくるだけでなく、戦闘スタイルを変更したりアイテムを持ち替えさせたりと様々なことができます。

TESCSやWryeBashを使えば種族や顔を変えることができるので、自分の好みにカスタマイズも可能です。

Ob0751801

コンパニオンが装備している武具はBlack Luster Weapons and ArmorというModのものです。非常に美しい装備で自分がOblivionで見た物の中では最高の出来かも! セットになっている片手剣と弓も防具と合っていて素晴らしい。自分で装備するとよく観賞できないのでコンパニオンに身に着けさせるのがベストかも。

ふたつめはDeadly Reflex。戦闘バランスを変更するModです。どのような変化が起こるかというと、今まではただ向かってくるだけだった敵がジャンプしながら襲ってきたり、こちらの攻撃を宙返りで回避したりとアクション要素が格段に上昇します。

それだけではなく、武器や盾で相手に殴りつけて怯ませたり、ステップで攻撃を回避したりといった動作が新たに可能となります。さらにプレイヤーだけが行える行動で、一定の条件で敵の首を刎ねたり胴体を切断したりという恐ろしいことが出来てしまいます・・・結構見た目がグロテスクなのであまりやらないようにしています(笑)

このModを使用するにはOblivion Script Extender(通称OBSE)というツールが別途必要になります。

みっつめはAkatosh Mount By Saiden Storm。これはなんとドラゴンを召喚できるようになるModです。

Modを導入してゲームを開始すると、ドラゴンを召喚できる魔法がゲットできるのでいつでも呼び出すことができます。しかもこのドラゴン、乗って空を飛ぶこともできてしまう!

Ob0751802

地上は野党やらクマやらスケルトンやらがいるので優雅に旅もできませんが、空なら邪魔するものは存在しません。

Ob0751803

敵と遭遇すればちゃんと戦ってくれます。体がでかいので発動させている魔法が控えめに見えますがなかなかの威力があるようです。

Ob0751804

見た目迫力満点で大満足! しかしドラゴンとて無敵ではないようで意外とあっさり倒されてしまいます。どうやら復活はしないようなので大事に扱う必要があるのかもしれません・・・

Ob0751805

ほんとにModは色々なことができるようになるので凄いとしか言い様がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC強化 Geforce 7600 GTから8800 GTSへ

先日久々にマザーボード・CPU・メモリと大幅なPCパワーアップを行いましたが、肝心のOblivionではそれほどの違いは感じられなかったことにショックを受けていました。

ここはひとつグラフィックボードも変えてしまえ! ということで半ば衝動買いでWinFast PX8800 GTS TDH 320MBを購入。メモリ容量を640MBか320MBにするかで悩みましたが、画面を綺麗にするMODを沢山入れていなければそれほど多くなくてもいいという話なので少ない方を選択。

さっそくFFベンチマーク3を動作させてみたところ、HIGHで約8100という結果になりました。なんと7600 GTを搭載していた前回の数値・・・HIGHで約7950とあまり変化していません。面倒でOSのクリーンインストール等をサボっているので性能を発揮できていないのでしょうか。

まあ数値はともかく実際のゲームではどうだろう、と思いOblivionを起動してみてその性能の違いっぷりに驚きです。草木が多い屋外でも屋内に負けないくらい動きが滑らかになりました!

自分が使用しているディスプレイが最高の解像度でも1280×768という低めなものなので、グラフィックボードの性能が十分に発揮できているようです。

さすがにディスプレイを買い換える気は無いので当分これ以上のPCパワーアップは無いでしょう。しかしここまでPCのパワーアップしたい衝動に駆られるOblivionはすごいゲームです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC強化 Athlon 64からCore 2 Duoへ

久々にOblivionをプレイしていて気づいたことがありました。それはプレイ中のメインメモリ使用量が、現在搭載されている1GBを超えていることです。

確かにネット上の話では必要メモリは最低1GB、2GBあれば快適と書かれていたので当然なのかもしれません。

現在使用しているPCのメモリはDDR SDRAM。これを今更増やすのも微妙なので、これを機にマザーボード・CPU・メモリを一新することにしました。

マザーボードの選定としては、Form factorはケースを変更しないのでMicro-ATM、CPU・チップセットはCore 2 DuoにするのでLGA775・965シリーズ、メモリはDDR2のみ。

Micro-ATXはあまり種類がないのでだいぶ候補が限定されますが、メーカ毎の違いがよくわからないので友達に教えてもらいながら選定しました。その結果購入したものは下記の通り。

マザーボード:P5B-VM
CPU:Core 2 Duo E6600
メモリ:DDR2-667(PC2-5300) 1GB × 2

さっそく機器を取り付けて問題なく動作することを確認します。幸い今回も初期不良なしに起動しました。本来ならOSをクリーンインストールしなければいけないのですが、面倒なので当面はこのままで様子を見ることにします。

試しにFFベンチマーク3を動作させてみたところ、以前の数値がHIGHで約5700だったのに対し、今回は約7950となりました。グラフィックボードはGeforce 7600GTのままなので、それなりにCPU・メモリを強化した分が数値に現れているようです。

実際にOblivionをプレイしてみた感想としては、以前よりは確実に快適にはなりましたが重いことには変わりはないようです。結局はグラフィックボードをパワーアップしなければ駄目ということで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »