« 2008年5月 | トップページ | 2008年10月 »

2台目PC自作開始

ある日、サーバでも公開してみようかと思い立ちました。一応PCやネットワークを扱う仕事をしている身としては、サーバの一台でも作って色々試しながら勉強するのも悪くないでしょう。

まずはハードを揃えなければ。現在所有しているPCは自作のデスクトップとノートPCが一台ずつ。ノートをサーバにする気はないのでPC本体がありません。過去、数回に渡りPCを自作していましたが、新しいPCが完成したらその都度古いものは友達に上げたりしていたので、ケースや電源などの部品の予備は全くありません。

となるとサーバ用PCが必要だな・・・では今使っているPCをサーバ用にして、新しくメインPCを作るしかない。なので一式まるまる部品を購入せねばなりません。

部品は秋葉原で少しずつ買い足していくことにし、とりあえず購入したものが以下の3点。

・PCケース ALCADIA ZR2000 S-Silver
・電源 SS-700HM
・DVDドライブ DVR-S15J-SV

これらはそれほど新製品が出ても内容に変化はなく、初めに買っておいても問題ないでしょう。

現在使っているケースはALTIUM SUPER X MicroATXというMicroATXのものだったので、今回は大きさにあまり拘らないためにATXもMicroATXも両方使えるALCADIA ZR2000というものにしました。メーカが変わっていないので、ケースの見た目はほとんど変化がありません。色も同じくシルバーです。

電源はせっかくだから良いものにしようということで、SeasonicというところのSS-700HMにしました。これは不要なケーブルを電源ユニットから1本ずつ取り外せるようになっているので、PCケース内をすっきりさせることができそうです。電源容量700Wは無駄で地球に優しくないように思えましたが、大は小を兼ねるということで決断しました。

DVDドライブはあまり吟味せず、お店で売っていたDVR-S15J-SVを適当に選びました。以前、友達が「Pioneer製のこれは音が静か」と言っていたという理由で決定。

残るパーツとしては下記の通りかな。

・マザーボード
・CPU
・メモリ
・HDD
・FDD
・グラフィックボード
・OS

あと周辺機器としては、ディスプレイやマウス、キーボードは1つずつしかないので、KVMスイッチとかが必要なのかな。それと地味に重要なのはPCの設置場所。今PCが置いてある場所はPC本体とプリンタだけでいっぱいいっぱいなので、これはもしかしたら台も新調しないといけないのかもしれません・・・またお金がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LC-32P1購入後のPCゲームの挙動について

液晶ディスプレイを解像度1,366×768の「IT-26M1」から、1,920×1,080の「LC-32P1」に買い換えてから、今までプレイしていたPCゲームで問題が出てきました。

まずは「Oblivion」。起動しなくなりました(笑) 解像度が変わっただけで起動すらしなくなるのか! とかなり焦り、設定で解像度を低くしてみたりしましたが一向に回復しません。

次の手として初心に戻り「Oblivion.ini」を削除して初期設定にしてみたらあっさり起動できました。それほどファイルの中身を変更していなかったので、問題は無いだろうと決めつけていたのですがそれが甘かったようです。

そして起動ができても画面の解像度が問題になるゲームが。画面が4:3比率のゲームをフルスクリーン表示すると、画面拡大の比率がおかしくなってウィンドウから画面がきちんと表示されなくなってしまいました。

いつもプレイしているゲームとしては「東方Project」作品は全て画面がおかしくなります。かといってフルスクリーンを解除すると画面が小さすぎて悲しくなるので、これはなんとか対策したいものです。

いろいろ調べてみると「新坂秀敏」さんという方が「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール」というものを公開されていたので、これを使用してみたところ、ばっちり画面が拡大されました。このツールはDirectXの8と9でそれぞれ用意されているので、ゲームに応じて導入すればOKです。

しかし「東方緋想天」で試したところ画面が映らなくなってしまいました。どうやらこのツールでは対応していないとのことなので、代わりになるものはないかとネットで検索したところ、フリーソフトの「Sizer」というのが、任意のソフトのウィンドウサイズを自由に変更できるというので、早速試してみました。

結果、問題なくウィンドウサイズを変更することができました。これで今までのゲームは全て快適にプレイできるようになったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶ディスプレイ「LC-32P1」購入

以前から気になっていた32インチのフルHDディスプレイをとうとう購入してしまいました。

今になって購入に踏み切った理由としては…

1.今後グラフィックボードを買い換えても今使っている液晶ディスプレイの限界で解像度が1,366×768までしか表示できず、性能を発揮しきれないだろうということ

2.ヨドバシ・ドット・コムでポイント還元20%中であり、なおかつディスプレイ設置と設定、不要な箱の回収を合わせて100円でやってくれるということ

3.現在使用しているディスプレイの引取先が決定していること

十分な理由なので早速ヨドバシ・ドット・コムにて注文。今回はディスプレイの設置をお願いする関係で、次の日にヨドバシから電話をしてくるとのこと。

平日は仕事で会社にいるので、ヨドバシからの電話がいつくるかと気になっていましたが、そのあたりを考慮しているのかちょうどお昼休みに携帯に電話が来ました。最短納期は注文から二日後の土曜日になるとのことなので、ピッタリのタイミングです。

そして納入当日。機器の設置はあっという間に完了し、気になる地デジの設定です。我が家は軽く築30年以上は経過していて、アンテナもUHFなのかよく分からず、ブースターや分配機も付いており、さらに近所の友達の家ではNHKなどがあまりよく映らないので不安があります。

ところがいざ蓋を開けてみると、全ての局が信号60以上の強度で映りました。てっきりアンテナやブースターや分配機が対応していなくて、買い換えたり別途工事しないといけないなんて考えていたのでこれはとても嬉しいことです。

茶の間のTVは未だ29インチのブラウン管なので、今後買い換える際は地デジが映る・映らないを気にしないで済みます。

さて、肝心のPCに接続しての子画面表示をやってみるとこんな感じに。

08070501

以前使用していた「IT-26M1」では、子画面は画面の端っこに配置することができたのですが、こちらは少し間隔が空いてしまうようです。あと画面解像度は1,920×1,080にすると文字が小さすぎるので、通常はもうすこし低くしました。液晶の大きさは26インチ→32インチとそれなりに大きくなっているので、問題ないと思っていたのですが。

画質等のディスプレイそのものに関しては特に気になるところはありませんが、付属のリモコンがちょっと不満です。PCメインに利用する際に頻繁に使うであろう、子画面の表示とDot by Dotなどの画面サイズ変更のボタンがフタを開けた中に配置されているのです。

このPシリーズを買うような人は、ほぼ確実にPCに接続するでしょうから、どうせならリモコンもその利用に応じた配置にしてほしかったです。とはいっても画面は綺麗に変に反射などしないので、PC接続には全く問題ないので満足です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年10月 »