« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

PC復旧

4台目の自作PCが起動しなくなってから早半年。その際ノートPCを購入したので、実生活にあまり影響は無かったのですが、さすがにこのまま各パーツ類を寝かしておくのも勿体ないと思い、復旧を試みてみました。

障害の切り分けとして、CPUやメモリ、グラフィックボードの交換をしたいところですが、手持ちにあるのはメモリとグラフィックボードのみ。この2つを交換してみても現象は全く変わらず、画面に何も表示されないという状態です。

ここはもうマザーボードを交換してみるしかない! と思い至り購入したのがGIGABYTE製の「GA-G31M-ES2L」です。

とりあえずPCが動いてくれれば贅沢は言わない、ということで5,980円というお安い値段のものをチョイス。ついでに今のマザーボードがASUS製なので今回は避けてGIGABYTE製のもの。さらにグラフィックボードが故障しても画面が映るようにとオンボードでグラフィック機能付きという条件です。

さっそく筐体からマザーボードと各パーツを取り外し、新マザーボードを搭載して電源を入れると・・・ちゃんと起動しました!! 各パーツは全て既存のものなので、これはほぼマザーボードの故障が原因ということで間違いないでしょう。

そういえば購入後に気づいたことが、この新マザーボードは小さめのMicroATXなので、ケースファンの電源を指す部分が1つしかなかった点。これは二股のケーブルを購入して指すことで解決できました。

それにしても、GIGABYTE製のマザーボードに付いている説明書は、BIOS画面の各項目まできちんと日本語訳が書いてあって助かります。いつもは適当に意味を解釈して設定をしていたので、間違っていても気づかないことがありました。今後はGIGABYTE製のものを購入したい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »