カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

SSDとHDDを買い換え

2010年の5月、OSをWindows Vistaから7に移行した際に購入した、システム用のSSDとデータ保存用のHDDですが、近頃は残り容量が厳しくなってきたのでここらで買い換えてしまうことにしました。

今回購入したのはKingston製の「SV100S2/128G」とHGST製の「HDS723020BLA642」です。これで容量はSSDを使用しているCドライブが64GB→128GB、HDD使用のDドライブが250GB→2TBと大幅アップです。

Kingston製にした理由としては、今回はあんまり事前調査はしておらず、雑誌を適当に見て適当に決めたという後ろ向きな内容でした。定番だったらIntel製なのでしょうけど、そこはあえて選ばずということで。

このSSD、買った後にネットで調べるとファームウェアが古いとデータが消えるという情報があって焦りましたが、発覚したのは2011年の2月なので、さすがに今買ったのは対応しているでしょう! でも不安なので本体に記載されているファームウェアのバージョンを調べてみると、ちゃんと最新の「D110225a」になっていたので安心。

HDDはHGSTがWestern Digitalに売却されてしまうそうなので、最後の記念のような想いで決定。HGSTのHDDは昔から猫の鳴き声がする、とか友達に言われていましたが、結局自分ではよく分からない終焉を迎えることになりそうです。

SSDが新しくなったので、Windowsが起動する時間が多少速くなるかと思いましたが、電源投入→Windowsログインパスワード画面→デスクトップ表示までが16~18秒と、以前と変わりませんでした。まあCPUとかメモリとかが旧世代のままなのでこれ以上の速度UPは望めないのでしょう。

それはともかく、HDDの容量が一気にテラの単位に上がったので、これで数年はHDDを買い換えることもないでしょう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BDドライブ「BDR-S06J」購入

ストーリーがあまりにも良すぎて、ゲームで泣きそうになった「シュタインズ・ゲート」のTVアニメが放送中! なので毎週欠かさず見ているのですが、アニメもゲームとはまた違った演出が素晴らしいので、これはブルーレイを買ってしまおうと思い至りました。

ところが現在のPCにはBDドライブが搭載されていないので、ブルーレイを見るにはPS3を使うしか手段がありません。うちのPS3は残念ですがプレイするゲームが無いのでTVに配線をしていないのです。これではブルーレイを見るたびにPS3をTVに接続する必要があるので面倒です。

そこで、現在搭載されているDVDドライブを外してBDドライブに換装してしまおうと考えました。考えたなら早速行動です。購入予定のものはパイオニア製の「BDR-S06J」です。ここ最近の光学ドライブはずっとパイオニア製の物を購入しています。パイオニア製の良いところといったら何といっても動作音が静かなこと。昔よくドライブのことを気にしていなかったときは、安さに気をとられてLG電子製の物だったので尚更です。

ネットで価格を調べてみると、大体2万弱から2万数千円が相場のようです。いつもは会社帰りに秋葉原の「ツクモeX.」に行くのですが、先に有楽町のビックカメラに寄ってみることにしました。

ここは最近ゲーム売り場が地下2Fから3Fになったと思ったらまた地下に戻ったりと、どうも落ち着かない雰囲気です。久々に訪れたら今度はCDやDVD売り場が3Fから4Fにとまた変化していました。これで陳列が見やすくなったなどのメリットがあれば良いのですが、ぱっと見は別段配置が良くなったようには感じられません・・・

PC関係の周辺機器は4Fのままで配置が変化していなかったので、物はすぐに見つかったのですが、値段がなんと31,900円もしました。高くても25,000円くらいかなと勝手に思っていたので衝撃です。いくらなんでも価格に差がありすぎなので、すぐさま秋葉原に直行です。

本命の「ツクモeX.」での値段は、購入予定のクリアホワイトが一番安く19,800円で、黒系が数百円高いという状態でした。白系は安物なのかと思いつつ、自作PC系パーツで一番多いと思うシルバーが無いのは何故なんだろうと悩みました。

ドライブの換装は、単純に今あるドライブを外して新しい物と取り付けるだけなので悩むところは無し。PC本体の色がシルバーなのでドライブの白とバランスが合わないくらいです。

Dscf0043

無事ドライブを換装したところで問題が発覚。我が家にはブルーレイのソフトが1本もありませんでした。以前購入していたブレードランナーは兄に貸したままだったのを忘れていました・・・

そこで、お茶の間にあるブルーレイアクオスで録画したものを再生できるかどうか試してみました。考えてみたらTV以外の機器で、録画したものを見たことがなかったのでそれも合わせてのテストです。結果、無事映像を見るとこができました。これで「シュタインズ・ゲート」のブルーレイが出ても安心です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Vistaから7へ移行

今までデスクトップPCはWindows Vistaを使っていましたが、7の評判が良いようなのでとっととバージョンアップしてしまおうと考えました。とはいってもOSだけ変えるのも味気ないので、SSDも一緒に買ってPC全体の動作向上を図ろうと思います。

購入したSSDは東芝製「SSDN-ST64B」です。ネットや雑誌で評価が高かったのはIntelの「X25-M」というものでした。特に読み込み速度が速いとの評判でしたが、書き込み速度は東芝製が勝るとのこと。どうせ両方買わないと違いなんて分からないし、せっかくだから国内メーカのにするかという気持ちで購入。一緒に買ったOSはWindows 7 Professional(64bit)。最初はHome Premiumで構わないかな、と考えてましたが数千円の違いならProにしとくかという感じでした。

構成は決まったので秋葉原の「TSUKUMO eX.」で物を入手。この店は22時まで営業しているので仕事帰りにも寄れて助かります。価格はSSDN-ST64Bが17,800円、OSが15,800円、SSDを3.5インチベイにマウントする台が680円でした。

帰宅して早速取り付け。とりあえずCドライブとして使用していたHDDを外しSSDを取り付け。BIOS上できちんと認識していることを確認してWindows 7をインストール。7の新規インストールは初めてですが、何の問題もなく数時間でセットアップが完了しました。

今回はCPUやメモリの交換は行わなかったわけですが、さすがSSDの力というべきか、PC全体の動作が一回り早くなって快適になりました。具体的な数値としては、PCの電源を入れて画面が表示されてWindowsログイン画面が出るまでが20秒ほどです。ログインもパスワードを入力してから数秒でデスクトップが表示されて操作可能となります。このスピードはWindows 7にしたことも影響しているのでしょう。

最近購入した「VAIO Z」はSSDを2台積んでRAID 0というすごい構成ですが、こちらはログイン画面が出るまでは40秒ほどかかります。さすがにデスクトップがノートに性能で負けているのは我慢できないので満足な結果です。

これで当分はデスクトップもノートも拡張する部分が無くなりました・・・あと気になるのは、PC2台のデータをどう保存していくか。Windows Home Server搭載マシンでも作って置いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC版バイオハザード5のベンチマークテストを実施

Xbox360版を購入したものの、未だクリアしていないバイオハザード5。どうやらPC版が出るらしく、先立ってベンチマークソフトが公開されたとのことなので、試しにインストールして走らせてみることに。

このベンチマークソフトでは、実際にゲームをプレイしているかのように、キャラクターが動き回って敵を倒しまくるので、なかなか見た目でも楽しませてくれます。

今回はスクリーンショットを取るためにウィンドウモードにし、設定はアンチエイリアスを2Xでやってみました。その他の重くなりそうな設定も有効にし、DirectX10版で実行しています(動かしているPCスペックの詳細はこちら

Bio5_bench01

それなりの数値がでているようですが、Area3ではFPSがかなり落ち込むので、全編を通して快適にプレイするには厳しい感じです。いっそのことアンチエイリアスを切ってしまえばもっとましな結果になりそうです。

映像を眺めていると、確かにXbox360版より綺麗で楽しそうな感じですが、あえてPC版を買うかといわれると微妙な感じです。これは! といえるような追加要素などあったら考えるかも?

(09/27追記)
試しにアンチエイリアスの設定を切ってみると・・・
Bio5_bench02

かなりの改善になりました。これだけFPSが上昇するのなら、アンチエイリアスは切ってしまっても良いかもしれませんね。どうせゲーム中は動き回っていて恩恵に預かれない気がしますし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PC復旧

4台目の自作PCが起動しなくなってから早半年。その際ノートPCを購入したので、実生活にあまり影響は無かったのですが、さすがにこのまま各パーツ類を寝かしておくのも勿体ないと思い、復旧を試みてみました。

障害の切り分けとして、CPUやメモリ、グラフィックボードの交換をしたいところですが、手持ちにあるのはメモリとグラフィックボードのみ。この2つを交換してみても現象は全く変わらず、画面に何も表示されないという状態です。

ここはもうマザーボードを交換してみるしかない! と思い至り購入したのがGIGABYTE製の「GA-G31M-ES2L」です。

とりあえずPCが動いてくれれば贅沢は言わない、ということで5,980円というお安い値段のものをチョイス。ついでに今のマザーボードがASUS製なので今回は避けてGIGABYTE製のもの。さらにグラフィックボードが故障しても画面が映るようにとオンボードでグラフィック機能付きという条件です。

さっそく筐体からマザーボードと各パーツを取り外し、新マザーボードを搭載して電源を入れると・・・ちゃんと起動しました!! 各パーツは全て既存のものなので、これはほぼマザーボードの故障が原因ということで間違いないでしょう。

そういえば購入後に気づいたことが、この新マザーボードは小さめのMicroATXなので、ケースファンの電源を指す部分が1つしかなかった点。これは二股のケーブルを購入して指すことで解決できました。

それにしても、GIGABYTE製のマザーボードに付いている説明書は、BIOS画面の各項目まできちんと日本語訳が書いてあって助かります。いつもは適当に意味を解釈して設定をしていたので、間違っていても気づかないことがありました。今後はGIGABYTE製のものを購入したい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2台目PC自作開始

ある日、サーバでも公開してみようかと思い立ちました。一応PCやネットワークを扱う仕事をしている身としては、サーバの一台でも作って色々試しながら勉強するのも悪くないでしょう。

まずはハードを揃えなければ。現在所有しているPCは自作のデスクトップとノートPCが一台ずつ。ノートをサーバにする気はないのでPC本体がありません。過去、数回に渡りPCを自作していましたが、新しいPCが完成したらその都度古いものは友達に上げたりしていたので、ケースや電源などの部品の予備は全くありません。

となるとサーバ用PCが必要だな・・・では今使っているPCをサーバ用にして、新しくメインPCを作るしかない。なので一式まるまる部品を購入せねばなりません。

部品は秋葉原で少しずつ買い足していくことにし、とりあえず購入したものが以下の3点。

・PCケース ALCADIA ZR2000 S-Silver
・電源 SS-700HM
・DVDドライブ DVR-S15J-SV

これらはそれほど新製品が出ても内容に変化はなく、初めに買っておいても問題ないでしょう。

現在使っているケースはALTIUM SUPER X MicroATXというMicroATXのものだったので、今回は大きさにあまり拘らないためにATXもMicroATXも両方使えるALCADIA ZR2000というものにしました。メーカが変わっていないので、ケースの見た目はほとんど変化がありません。色も同じくシルバーです。

電源はせっかくだから良いものにしようということで、SeasonicというところのSS-700HMにしました。これは不要なケーブルを電源ユニットから1本ずつ取り外せるようになっているので、PCケース内をすっきりさせることができそうです。電源容量700Wは無駄で地球に優しくないように思えましたが、大は小を兼ねるということで決断しました。

DVDドライブはあまり吟味せず、お店で売っていたDVR-S15J-SVを適当に選びました。以前、友達が「Pioneer製のこれは音が静か」と言っていたという理由で決定。

残るパーツとしては下記の通りかな。

・マザーボード
・CPU
・メモリ
・HDD
・FDD
・グラフィックボード
・OS

あと周辺機器としては、ディスプレイやマウス、キーボードは1つずつしかないので、KVMスイッチとかが必要なのかな。それと地味に重要なのはPCの設置場所。今PCが置いてある場所はPC本体とプリンタだけでいっぱいいっぱいなので、これはもしかしたら台も新調しないといけないのかもしれません・・・またお金がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LC-32P1購入後のPCゲームの挙動について

液晶ディスプレイを解像度1,366×768の「IT-26M1」から、1,920×1,080の「LC-32P1」に買い換えてから、今までプレイしていたPCゲームで問題が出てきました。

まずは「Oblivion」。起動しなくなりました(笑) 解像度が変わっただけで起動すらしなくなるのか! とかなり焦り、設定で解像度を低くしてみたりしましたが一向に回復しません。

次の手として初心に戻り「Oblivion.ini」を削除して初期設定にしてみたらあっさり起動できました。それほどファイルの中身を変更していなかったので、問題は無いだろうと決めつけていたのですがそれが甘かったようです。

そして起動ができても画面の解像度が問題になるゲームが。画面が4:3比率のゲームをフルスクリーン表示すると、画面拡大の比率がおかしくなってウィンドウから画面がきちんと表示されなくなってしまいました。

いつもプレイしているゲームとしては「東方Project」作品は全て画面がおかしくなります。かといってフルスクリーンを解除すると画面が小さすぎて悲しくなるので、これはなんとか対策したいものです。

いろいろ調べてみると「新坂秀敏」さんという方が「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール」というものを公開されていたので、これを使用してみたところ、ばっちり画面が拡大されました。このツールはDirectXの8と9でそれぞれ用意されているので、ゲームに応じて導入すればOKです。

しかし「東方緋想天」で試したところ画面が映らなくなってしまいました。どうやらこのツールでは対応していないとのことなので、代わりになるものはないかとネットで検索したところ、フリーソフトの「Sizer」というのが、任意のソフトのウィンドウサイズを自由に変更できるというので、早速試してみました。

結果、問題なくウィンドウサイズを変更することができました。これで今までのゲームは全て快適にプレイできるようになったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶ディスプレイ「LC-32P1」購入

以前から気になっていた32インチのフルHDディスプレイをとうとう購入してしまいました。

今になって購入に踏み切った理由としては…

1.今後グラフィックボードを買い換えても今使っている液晶ディスプレイの限界で解像度が1,366×768までしか表示できず、性能を発揮しきれないだろうということ

2.ヨドバシ・ドット・コムでポイント還元20%中であり、なおかつディスプレイ設置と設定、不要な箱の回収を合わせて100円でやってくれるということ

3.現在使用しているディスプレイの引取先が決定していること

十分な理由なので早速ヨドバシ・ドット・コムにて注文。今回はディスプレイの設置をお願いする関係で、次の日にヨドバシから電話をしてくるとのこと。

平日は仕事で会社にいるので、ヨドバシからの電話がいつくるかと気になっていましたが、そのあたりを考慮しているのかちょうどお昼休みに携帯に電話が来ました。最短納期は注文から二日後の土曜日になるとのことなので、ピッタリのタイミングです。

そして納入当日。機器の設置はあっという間に完了し、気になる地デジの設定です。我が家は軽く築30年以上は経過していて、アンテナもUHFなのかよく分からず、ブースターや分配機も付いており、さらに近所の友達の家ではNHKなどがあまりよく映らないので不安があります。

ところがいざ蓋を開けてみると、全ての局が信号60以上の強度で映りました。てっきりアンテナやブースターや分配機が対応していなくて、買い換えたり別途工事しないといけないなんて考えていたのでこれはとても嬉しいことです。

茶の間のTVは未だ29インチのブラウン管なので、今後買い換える際は地デジが映る・映らないを気にしないで済みます。

さて、肝心のPCに接続しての子画面表示をやってみるとこんな感じに。

08070501

以前使用していた「IT-26M1」では、子画面は画面の端っこに配置することができたのですが、こちらは少し間隔が空いてしまうようです。あと画面解像度は1,920×1,080にすると文字が小さすぎるので、通常はもうすこし低くしました。液晶の大きさは26インチ→32インチとそれなりに大きくなっているので、問題ないと思っていたのですが。

画質等のディスプレイそのものに関しては特に気になるところはありませんが、付属のリモコンがちょっと不満です。PCメインに利用する際に頻繁に使うであろう、子画面の表示とDot by Dotなどの画面サイズ変更のボタンがフタを開けた中に配置されているのです。

このPシリーズを買うような人は、ほぼ確実にPCに接続するでしょうから、どうせならリモコンもその利用に応じた配置にしてほしかったです。とはいっても画面は綺麗に変に反射などしないので、PC接続には全く問題ないので満足です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フォクすけ」ぬいぐるみがもらえるキャンペーンに参加

ネットを見ていたら「フォクすけぬいぐるみがもらえる!Firefox 紹介キャンペーン」なるものが行われていることに気づきました。いつも使用しているブラウザはFirefoxなので、早速参加してみました。

参加方法としては二種類あり、知人等のPCにFirefoxをインストールして証拠となる写真を撮って投稿するものと、自分が管理しているホームページやブログをFirefoxで問題なく閲覧できることを確認した上でバナーをトップページ貼り、URLを報告するというものです。

自分のブログならいつもFirefox上で閲覧して更新の確認等をしているので、そのままバナーをマイリンクのメモとして貼り付けてURLを報告して完了。ぬいぐるみは非常に可愛らしいので当たったら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCから異音がしたのでHDD取り替え

PCを立ち上げていたら突然筐体内部から異音が! それに合わせてPCの動作が急激に重くなったので、これは3つ搭載されているHDDの何れかが故障かと思い、とりあえずPCを再起動してみたところエラーが出てOSが起動しなくなりました・・・

OSが立ち上がらないということは、Cドライブとして使用しているDeskstar HDS722525VLSA80が壊れたっぽい…とりあえずデータが格納されているHDDは無事であると祈りつつ、暫く時間をおいて再び電源をONしてみると異音もなくあっさりと起動しました。

といっても異音が発生したということは物理的にHDDがやばいのであろうから、このまま使い続けるわけにはいかない。ということで会社帰りに新しいHDDを購入してきました。

購入したのはRaptor WD1500ADFD 今までWestern Digital製のHDDは使ったことがなかったので、この機会に試してみます。値段は22,980円…高い。

このHDDの容量は150GB。購入時に店員さんからパーティションを分けると快適に使えると言われ、どういうパーティション分けをしようかとあれこれと悩みましたが、どう分けたらいいか考えると日が暮れるのでそのまま使用します。

さてOSをクリーンインストールしての使用感ですが…正直よく分かりません。余計なソフトが入っていないので快適なのは当然として、HDD単体としての性能は謎です。やるのならRAIDとか組まないと体感てきないのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)