カテゴリー「ゲーム」の記事

久々に信長の野望・革新PKをプレイ(Steam版)

大河ドラマ「真田丸」を全話見終わって戦国熱が高まってきたので、昔よくプレイしていた信長の野望・革新PKをまた遊ぼうとCDを探し出してインストールをしましたが起動せず。

Windows7でもやり方によっては起動できるようですが、うまくいかなかったので諦めて丁度半額セールになっていたSteam版を購入。こちらは何の問題もなくゲームができました。

ただし相変わらず画面解像度が小さめで、環境設定では最大でも横が1280までしか選択できないので、レジストリを変更して対応することにします。

実際にレジストリを変更しようとしたところ、どうやらネットで調べた従来のレジストリの位置と、現在のSteam版とは階層が異なっているようで、

HKEY_CURRENT_USER\Software\KoeiTecmo\Nobunaga12PK\Configs

と「KOEI」の部分が「KoeiTecmo」になっていました。

Nobu_kakushin_01_2

その他は特に変わったところは無く、従来通り「HEIGHT」で縦の解像度を、「WIDTH」で横の解像度を指定してあげればOK。

Nobu_kakushin_02_2

これで昔プレイしていた時の解像度「1920×1080」で遊べるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンズドグマオンラインのベンチマークソフトを実施

ろくにプレイしないままクローズドベータ1が終了してしまった、ドラゴンズドグマオンラインですが、ベンチマークソフトが公開されていたので早速実行。

このゲームはPS3/PS4/PCで共通のアカウントになっていて、データも同じく引き継いでプレイできるとのこと。元々PS4でプレイする予定だったところ、PCでどう動くのか気になっていたので丁度よい機会です。

Ddo_bench

スコアは解像度を1920×1080のウィンドウモード、画質は最高設定で「8299」という結果でした。7000以上で「とても快適」なので問題なく遊べそうです。

肝心のゲーム内容ですが、クローズドベータ1ではポーンを仲間にしたあたりまでしかプレイできておらず、ゲームの内容があまり語れません。

その時点まででちょっと気になった点としては、道中で出てきたオオカミの挙動が普通になっているような気がします。

オフラインだった前作では、オオカミは複数で現れて、近づいてきては離れて、また隙をみせれば複数で一斉に襲いかかってきたりと、非常に鬱陶しい存在でした。今回はちょっと下がったりするだけで動きが少なく普通の雑魚敵でした。

ドラゴンズドグマは基本4人パーティーで行動するゲームなので、こういう敵がいると複数対複数という戦いのスタイルがより感じられてとても良いと思っていました。

ゲームが進むとまた変わるのかどうかわかりませんが、以前よりも劣化しているように感じるのは気になるところです。せっかく異なるプレイヤーと一緒に冒険ができるようになったといっても、戦うべき相手が単純に体力や攻撃力が高いだけでは全く面白みが無いです。

大型の敵に対しては、敵に飛び乗ってスタミナを減らしたりと、新しい点が増えていて進化しているようですが、ボス戦だけ重視してその他をおろそかにしていたら、自由に動き回れるフィールドも意味が無いです。

街中もやたら広いわりにはNPCの住人などが全然おらず、当然フィールドにも人っ子一人歩いていないのでずいぶん寂しい感じがします。

このゲームは狩りがメインで、クエストを受注したら即狩場へ直行というモンハンのようなゲームと違い、様々な土地を旅するものだと思うので、そのあたりが今後改善されることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xbox 360を買い換え

最近は「シュタインズ・ゲート」をプレイしたりして絶賛稼働中のXbox360ですが、たまに電源を入れても画面が映らないといった不具合が発生するようになりました。

現在使っているXbox360は「デッドライジング」やりたさに2006年頃に購入したもので、HDDを付属の20GBのものから120GBに交換したという初期型です。

周知の通りXbox360は壊れやすいということで、いつ自分の物も故障するかと思いながらゲームをプレイしていました。現時点ではまだ起動しないといった状態まで進んでいませんが、今後もやりたいゲームがあるので、ここは買い換えてしまえということで本体の購入に至りました。

Xbox360はちょこちょこ本体のモデルが変更になっており、現在販売されているのは「Xbox 360 S」という本体に、250GBのHDDが付属しているのが基本のようです。他にはHDDの代わりに4GBのメモリが内蔵されているのもあったり、+KinectというWiiの真似のような周辺機器がセットになっているのも。

既存のXbox360のHDDがそのまま流用できるなら4GBメモリ版でも良いかと思いましたが、新旧Xbox360間のHDDの互換性は無し。ヘッドセットや外付けメモリも同様とのこと。ここは過去の遺産は潔く諦め、新型をAmazonで購入。値段は3万円弱でした。

11042901_2


データの移行は、以前旧Xbox360の120GBのHDDを購入した際に付属していた、データコピー用のUSB接続ケーブルがそのまま使えるということで、苦もなく完了。

あとは一番重要な「新しい本体へのコンテンツライセンスの移行」を実施。Xbox LIVEのユーザID(ゲーマータグ)とXbox360はライセンスが紐付けされているので、本体を買い換えたときはこの紐付けを旧本体から新本体に変更しないと駄目なようです。

データのコピーとライセンスの紐付けが終わったので、さあゲームがちゃんと動くかの確認でシュタインズ・ゲートを開始してみましたが、何故かゲーム中DVDの読み込みをしている? 確認してみると、HDDにインストールしていたはずのデータはコピーされていませんでした。これは仕様でHDDインストールは個別にやらないといけないのかな? まあプレイするゲームだけインストールをやり直せばいいだけなので気にしないことにします。

あとは新型Xbox360は旧型と違ってHDMI端子があるので、試しにD端子接続からHDMIに変更してみました。ぱっと見はあんまり変化がないように感じられますが、戻すのも面倒なのでこのままで様子見をしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF14ベンチマークソフトを試してみる

FF14のベンチマークソフトが公開されていたので早速実行してみました。FF11は3年くらいプレイしていたので14もちょっと気になるゲームではありますが、実際にプレイするかは未定です。

このベンチマークソフトの変わった点というと、登場キャラクターを選べるところです。普通は決まった内容のものを流してスコアを表示するものですが、ベンチマーク自体を楽しめるようにしているのは良いですね。

あとは解像度としてLOW設定となる1280×720と、HIGH設定の1920×1080を選択できます。どうせならHIGH設定のスコアをみてみようと思いHIGHを選択。果たしてその結果は…

Ffxivwinbenchmark_20100616_21493208

予想外に低い数値です。この2000ちょいという数値がどうなのかと、公式ページに書かれている数値に対する快適さの目安を見ると…「やや重い」ということです。うーん、このPCを組んだのは2008年なので、そこまで性能が劣るとは思っていなかったので衝撃でした。

どうやらネットで情報を集めてみると、結構なスペックをもってしても最高の8000あたりのスコアは出ないようで、5~6000近辺が性能の高いPCで出る数値みたいです。これは相当ベンチマークの結果を厳しくしているか、本当にFF14は高スペックじゃないとまともの動かないのかのどちらかなのか。これはFFやりたいためにPCの性能UP、または買い換えの需要が出そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xbox360「Forza Motorsport 3」購入

車を持っているのに運転せずにペーパードライバーな自分ですが、車のゲームには多少興味があります。

今回購入したのはXbox360のソフト「Forza Motorsport 3」です。「Forza」は「フォルツァ」と読み、意味は「力」とかそんな感じだそうです。あまり聞かない言葉だと思ったらイタリア語なんだとか。

このゲームでは色々なメーカーから沢山の車が登場しますが、あんまり国産車は数が無いっぽいです。さすがに海外のゲームなので仕方が無いところなんでしょう。とりあえずセガラリーで使っていた「Celica GT-Four ST205」は外せないので即購入!

しかし当然ながら売っているのは普通のセリカ。ラリー仕様なんて売っていないのですが、このゲームならではの要素として、車の見た目を変更させることができます。ゲームをプレイしている人達が自分でラリー仕様なデザインを作って車に反映させるのです。

前作ではこのようなデザインされた車をゲットするには、自分で作るか、デザイン済みの車をオークションで競り落とすしかなかったのですが、今回からは「デザインのみ」を単品で購入することができるようになりました。

これなら車は普通に購入したものを利用するだけで良く、しかもオークションの手間入らずで即ゲットできるのでお得でしかも早いのです。しかも元に戻すことも可能です。

おかげで簡単にラリー仕様(見た目だけ)のセリカが誕生しました。この調子で他の車のデザインも探してみます。

お試しで車のデザインを購入し、レースに出場してリプレイから写真を撮ってみました。

1st_drift_photo

車種は「Impreza WRX STi 2008」でデザインは「Ken Block」という人が乗っている車のものを元にしているようです。

最初このデザインが何なのかを理解しておらず、ゲーム中のデザイン売り場(ストアフロント)でやけに沢山同じようなものが並んでいるなーと思っていたら有名な人のものだったとは。

インプレッサといったらあのラリー仕様のものしか頭に浮かばなかったので、初めて見たときは衝撃でした。でも中々カッコいいのでずっとこの車でゲームを進めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC版バイオハザード5のベンチマークテストを実施

Xbox360版を購入したものの、未だクリアしていないバイオハザード5。どうやらPC版が出るらしく、先立ってベンチマークソフトが公開されたとのことなので、試しにインストールして走らせてみることに。

このベンチマークソフトでは、実際にゲームをプレイしているかのように、キャラクターが動き回って敵を倒しまくるので、なかなか見た目でも楽しませてくれます。

今回はスクリーンショットを取るためにウィンドウモードにし、設定はアンチエイリアスを2Xでやってみました。その他の重くなりそうな設定も有効にし、DirectX10版で実行しています(動かしているPCスペックの詳細はこちら

Bio5_bench01

それなりの数値がでているようですが、Area3ではFPSがかなり落ち込むので、全編を通して快適にプレイするには厳しい感じです。いっそのことアンチエイリアスを切ってしまえばもっとましな結果になりそうです。

映像を眺めていると、確かにXbox360版より綺麗で楽しそうな感じですが、あえてPC版を買うかといわれると微妙な感じです。これは! といえるような追加要素などあったら考えるかも?

(09/27追記)
試しにアンチエイリアスの設定を切ってみると・・・
Bio5_bench02

かなりの改善になりました。これだけFPSが上昇するのなら、アンチエイリアスは切ってしまっても良いかもしれませんね。どうせゲーム中は動き回っていて恩恵に預かれない気がしますし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新型PS3と「Demon's Souls」を購入

何となく欲しかったけど、PS2のソフトが動かないので購入を躊躇っていたPS3。そうこうしているうちに薄くなって価格も安くなった新型PS3が登場したので、もうPS2互換は潔く諦めて購入しました。

遊ぶゲームとしては・・・元々Xbox360を持っているので、プレイするのは当然PS3にしか無いソフトです。ということで前から気になっていた「Demon's Souls」を始めました。

このゲームについては、PSで出ていた「シャドウタワー」のような殺伐としたアクションRPGで、加えてオンラインの要素がある、そして死にまくり・・・というくらいしか知識が無い状態でのプレイ開始だったのですが、やってみると本当に死にまくりです・・・

このゲームは「スタミナ」の概念があり、攻撃したり防御したり走ったりするには全てこのスタミナを消費します。なのでむやみに攻撃ばかりしていると防御も避けることもできずにダメージを受けたり、走って敵から逃げることも出来なくなるので、適当にプレイしていてはすぐ回復アイテムが尽きて死んでしまいます。

しかも、このゲームは単純に敵を倒して経験値をゲットしてレベルアップというシステムではありませんでした。どういうことかというと、敵を倒すと「ソウル」というお金と経験値が両立したようなものが手に入り、この「ソウル」でキャラの能力値を上げたり、装備品やアイテムを買ったりするのです。そしてキャラが倒されると手持ちの「ソウル」は全て無くなってしまいます。

しかし一回だけそのソウルを取り戻すチャンスがあります。キャラが死んだ地点には血痕が残り、再スタートして再びその地点にたどり着ければ「ソウル」は全て取り戻せます。ですが、たどり着けずに死んでしまうと、過去の血痕は消えてしまうので「ソウル」は消滅してしまうのです。

武器や防具は当然のように耐久度があるので、現時点ではあまり気にしていませんが、そのうち手に入るソウルの量より、装備品の修理費の方が高くなるのではないかと思うと恐ろしいです。とりあえず多少弱めの武器を使って戦い、拠点となるエリアに戻っては体力を回復という、チキンプレイで進めるしかないのかな・・・

ゲーム序盤で分かったオンライン要素としては、時折白っぽい姿のプレイヤーが見えたり、他のプレイヤーが死んだ地点が血痕として残り、その死に様をリプレイで見ることができたり、メッセージを残すことができたりといったところです。

マニュアルを読むと、他のプレイヤーに助力を頼んだり(「風来のシレン」シリーズの救助隊強化版みたいなものかな) 逆に自分のいるフィールドに他のプレイヤーが乱入して戦いになるというものもあるみたいです。 まだ両方とも体験していないので、どういう内容のものかは不明です。

とりあえずしばらくはこの手探り感を味わっていたいので、ネット上の攻略などは見ずに進めたいとは思いますが、この調子だとすぐお手上げになりそうな気がします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オラタン ツインスティック第一報

Xbox Live Arcadeで配信が開始されたオラタン、ついに専用コントローラである「ツインスティック」に関する具体的な情報が出たようです。

公式ページコラムによると、気になる値段は30,000円で、発売時期は11月中旬頃となっています。さらに、本当に発売するかは事前に購入者を募って決定するプレオーダーという仕組みだそうです。

正直、続編が出るかも分からないソフトの周辺機器に3万円というのは厳しい気がします。しかも11月中旬という時期もかなり先なので、その頃には熱が冷めてしまっているように思われます。

新作が出るというのなら先行投資という感じで躊躇無く買えるのですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オラタン」配信開始!!

ついに「Xbox Live Arcade」にてオラタンの配信が開始されました! 早速補充しておいた1,200MSポイントを使用してダウンロード開始。どうやら容量はそれほど大きくないようで、それほど待たずにゲームを開始することができました。

とりあえず操作方法も曖昧なままオンラインは厳しすぎるので、まずはテムジンを使用してアーケードモードで練習開始・・・しましたがパッドでの操作を完全に忘れていて、トリガーボタンで出す攻撃とXやAで出すジャンプやダッシュやしゃがみがごっちゃになってまともに自機を操ることができません・・・

一応サターンやドリームキャストではパッドでもプレイしたことがあって、それなりに操作できていたので慣れれば問題ないとは思いますが・・・数回試しに動かしただけではとても対戦ができるレベルではありません。

それでも何回もコンテニューしながら何とかアーケードモードを1回クリア。少ないプレイ時間ですが、これだけでも実績があれこれと解除されていきます。実績一覧を見ると、オンラインで10回戦うと解除されるものもあるようなので、とりあえずお気に入りのライデンを使って対戦をしてみることにします。

初オンラインでの「RANKED MATCH」でロビーに接続してみます。どうやらプレイヤーの実力を示す最初の「階級」は「候補生」のようで、ロビー画面で一度に表示される7人のなかにもちらほらこの階級の持ち主がいます。表示されているプレイヤーの名前などを眺めていると、対戦を申し込まれたので初対戦開始! 相手も同じ候補生で、機体はフェイ・イェン・ザ・ナイト。

久々のオラタンでしかも初対戦で緊張しまくりでしたが、この初戦はうまくレーザーがヒットしたおかげで勝利をつかむことができました。この後も何度か対戦を行い、10回戦って実績が解除されたところで、階級が一等兵まで上昇しました。既にロビーにいる人たちの階級はより高いものになっているようです。

階級を上げるための経験値は、対戦に勝たないと上昇しないようなので、上に行くのは結構大変なような気がします。あとオンラインでのラグは、ほとんど気にならないレベルでした。ドリームキャスト版のかなりのラグに比べたら天と地の差です。若干こっちがトリガーを押していても攻撃がなかなか出ない場面がありましたが、これは単純に自分の操作の問題かもしれないので、ラグなのかは不明です。

これでオフライン上で画面分割して対戦ができたら完璧だったのですが・・・あとは過去一緒にオラタンをやっていた友達と一緒に遊ぶために、Xbox360を買ってくれることを祈るだけです(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66」がXbox 360(Xbox Live Arcade)に登場

最近はXbox360でゲームをすることが多くなっています。今プレイしているのはスケボーで街を滑りまくれる「skate 2」です。

実際にスケボーは全くやったことが無いですが、このゲームはただ漠然と街中を滑っていても面白いです! 自分が操作しているキャラ以外にも、辺りにはスケボーをしていたりして、人をなぎ倒したり車に轢かれたりしています。ゲームでなら迷惑をかけずに楽しめますね・・・

せっかく対戦機能が色々と充実しているXbox360なのですが、対戦は全くやったことがありません。周りの知り合いは誰も360を所有しておらず、なんだか躊躇してしまっています。

それはともかく久々のビッグニュースが飛び込んできました! なんとあの「オラタン」こと電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラムがXbox360のXbox Live Arcadeに今春登場するというのです!! 公式ページ

バーチャロンシリーズは初代からゲーセンでもセガサターンでもプレイしており、続編となる「オラタン」も当然ドリームキャスト版と専用スティックを持っていました。専門学校に通っているときも、昼休みに1プレイの対戦を毎日のようにやってました。

ドリームキャスト版のやりすぎで専用スティックが壊れたのも、今では良い思い出です・・・あれからもう10年近くも経っているとは。

その後に登場した「フォース」ではあんまり爽快感が感じられなかったので、そこでバーチャロンのプレイは止めてしまいました(プレイが下手だったというのも大きいのですが) PS2で発売された「マーズ」もやらなかったです。

この「オラタン」であれば下手なりにオンラインでも楽しめそうなので、発売を期待して待っています! 価格は1200MSポイントなので1700円くらいかな。今でもライデンのVレーザー出せるだろうか? これを機に知り合いにXbox360の購入を勧めたいところです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧